酸素カプセルリースの主な特徴

トレーニングジムやエステサロン、整体などで見かけることも増えてきた酸素カプセルはリースも行ってます。

購入するには数百万円もかかるので、気軽に導入するにはかなりリスクもあります。そんな時でも借りだけなら不要になった場合は、期限が切れればそのまま返却するだけなので安心です。酸素カプセルにはリースとレンタルがありますが、それぞれメリットやデメリットなどがありよく検討してから契約した方が良いです。レンタルは短期間から借りられるのが特徴ですが、その分利用料金は高めに設定されています。

酸素カプセルのリースだと途中契約が出来ないのが難点ですが、利用料金がレンタルと比べて安価になってます。また、契約をしても途中で新しい機種が出た時にはそれに変更してもらうことも可能で、最初からある程度長期間借りることがわかっている時は、こちらを選ぶ人が多いようです。一般的に、どちらの場合でも契約期間が終わるとそのままカプセルを返却します。

ただ、酸素カプセルのリースだと少し違っていて、基本的に3年などある程度の期間を区切りにして契約をしますが、契約期間が終わった後も必要なら、そのまま続けたりまたは買い取ることも出来ます。最初から購入した時には減価償却となり自分の資産にもなりますが、借りるだけでも毎月の経費に計上出来るので税金面でもかなりのメリットがあります。最初から購入するには抵抗がある場合、最初は借りるだけにしておいて気に入った時だけ買うという選択肢も出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *